昨日とは違う靴を履く

その身をただ輝かせていればいい。

滝沢歌舞伎を見て

だいぶ前に手元にやってきた滝沢歌舞伎をやっと見ました。一言で言うなればとにかくアツかった、最高にアツい春ではないかと心から思った。あの年代の男の子達が汗水垂らしながら走って踊って歌って演じて太鼓叩いて、めちゃくちゃカッコよかった。とりあえずアツい、見てるこっちが汗かきそう。こうやってデビューしてない後輩を集めて舞台に立たせてくれて、なおかつ先輩から引き継いできたものを背中で後輩達に伝えてくれるタッキーパイセンにもまじで超感謝の念しかない。ありがとうタッキー。今日はそんな、最高にアツかった滝沢歌舞伎の感想を書きたいと思います。

 

私は滝沢歌舞伎の現場に入ることはなく、レポをサラーっと見ながらとりあえず大我くんめっちゃ頑張ってるな超カッコイイ程度にしか思ってなかったんですよ、円盤化するしそんな色々把握しなくていいっしょ?今日も大我くんの口上ステキ!!!みたいな感じで脳みそ溶けてました。それが実際に映像を見ると全員に圧倒されっぱなし、とにかく林翔太くんヤベェってのが私の一番の感想です。一人三役で演じている林くんまじヤバかった。なにあれ演技ウマスギナイ??普通にそのへんにいる俳優なんかよりずっとずーーっと上手だった、単純に見入ってしまいました。勝手にMVPは林くんにあげたい思ってしまうくらい凄かった。ぶっちゃけ林くんについてはよく知らないんですけどタッキーに8年間ずっと選ばれてる理由がわかった気がする。あんな小さい箱に閉じ込めておくのはもったいないなあ〜〜〜!ジャニーズ事務所どんだけの才能を隠してんねん。とりあえずビックリしました。

 

あと個人的には同い歳である松田元太くんにもとっても刺激を貰いました。同い歳の子がこうやって頑張ってるのを見ると何か考えさせられてしまうところがある。まあ元太くん全然同い歳に思えないんだけども。それもまた素晴らしい。

 

でもまあなんと言っても私が一番心震えたのは大我くんを見てる時でした、自担なので当たり前か。メイキング映像を見てたら髪がスーベニアのデュークで、ああこの人は本当に物凄いハードスケジュールで一つ一つの舞台を乗越えて成長してるんなって勝手に泣きそうになった。やっぱり大我くんが好き。太鼓叩いてる時もあの細い身体にどれだけの力があるんだろうってまた泣きそうになる。泣きそうになりすぎ芸人かよ。あとは京本担の方が口を揃えて言ってる大我くんの後ろ姿です。やっぱり一番かっこよかった、誰よりも素敵だった。これからずっとついて行きたい背中だった。初めて彼を見た時は貧弱そ〜(笑)って思ってたはずなのにいろんなことを経験してたくさん場数を踏んでる自担の背中は誰よりも男らしくて誰よりも大きかったよ!千秋楽での口上で言ってた、大きい男になって新橋演舞場義経を演じるって言葉を信じれるだけの何かがあった。座右の銘は有言実行だもんね。私は京本担をやれて本当に心から幸せ者だなと思いました。

そして大我くんには今までの経験、これからするであろう経験を未来の後輩達に伝える役割がある、SHOCKの堂本光一くんであったり、滝沢歌舞伎の滝沢秀明くんに続く人になるべき人だと思ったよ、タッキーの背中から学んだものをいつかはその自分の背中で伝えてください。

 

いつか京本大我くんが新橋演舞場義経を演じるその日を夢見て私は今日も全力で彼を応援し続けます。大我くんが思い描くその日まで!